乾燥肌はSKINサイクルを正そう|スキンケアが肝心キレイFACE

肌に優しい化粧品

添加物入りの化粧品とは

women

無添加化粧品が人気です。肌への負担が少ないと言われています。逆に添加物入りの化粧品とは本当に肌に悪いのでしょうか。化粧品添加物は昭和40年代に旧厚生省がアレルギーなどを引き起こす恐れのある成分102種類の成分を薬事法で定めたことから始まります。2001年から化粧品には全成分表示が義務づけられました。102の成分の中には軽い皮膚炎をおこすものから、発がん性物質があるものまでありますが、成分を表示すれば後は自己責任で購入してくださいというのが2001年の薬事法改正前の考え方でした。無添加化粧品はこの102種類の成分を含んでいないことが前提とされていますが、規定はなく各メーカーの判断にゆだねられているのが現状です。

安全な化粧品とは

無添加化粧水とは防腐剤、着色料、香料、アルコール、合成界面活性剤、石油由来成分を含まない化粧水のことをいいます。とくにパラベンフリーの無添加化粧水は多く発売されています。パラベンとは防腐剤のことです。「パラオキシ安息香酸」の名で表示されています。パラベンは化粧水だけでなく、食品にも使われています。パラベンの化粧品への配合は1%以下にしなければならないというきまりがあります。化粧品に配合されている量なら問題はないと言われています。パラベンも旧厚生労働省が指定したアレルギーを引き起こす恐れのある102種類の成分に入っています。アレルギーの心配がないので安心して使えるメリットは無添加化粧水にはあります。しかし防腐剤が入っていないので、早く使い切らなければなりません。